小児がんの子どもたちにどのような支援が必要か

「愛してるよ、カズ」より命を考える

特別支援に関わる子どもたちを学習支援していると、日々、未来にどのような関わり方をしたら良いのか考えさせられることが多々でてきました。

そこで、この度「愛してるよ、カズ」の作品を通して、病気で学習の機会が奪われた子について皆さまに考えてほしいと思い、この作品をシェアすることにしました。

当法人のスタッフだけでなく、みんなで直に感じたことを胸に支援に活かせていけたらと思っております。

ぜひ、ご覧ください。

関連記事はコチラ

コメント

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました