横浜鶴見の個別学習支援・ピアサポート支援の団体|まなひろ

身近にある物で実験を


特に、夏休みの自由研究では身近にある物で、一緒に実験計画を練って、

トライをしてみます。

「舌の味蕾図」「身体の神経について」「赤ちゃんのお菓子」など、

今までテーマにした事があります。

身近にある物に「疑問」を持つことで、どのような「工夫」がされているのか。

また、実験から得られる事とインターネットや本で得られる「情報」の違いを

一緒に考えていく思考を身につけていくようにします。

「教科横断型」を意識し、例えば、どこで収穫される物なのか、どのような調理方法がいいのかなど、

発展的な思考ができるように身につける事を促します。

そうすることで、「日常生活への応用」が身につくからです。

積極的に、様々な事にトライをしてみましょう。