回り道、それが学び

おはようございます。 裕叡塾の木村裕之です。 今日は「学び」について書きたいと思います。 みなさまにとって「学び」とは何ですか? 知らない事を知る。 わからないことを人に聞く。 それも「学び」の一種だと思います。 ただ、一人一人に合わせた教え方を100%行うと、 必ずしも良い結果が出るというわけではありません。 その時は、楽しくてとても嬉しい気持ちになると思いますが、 それでは塾を卒業しても立派に自分から歩む事はできないのだと 私は思います。 私のやり方は、「問題に間違っていても、「ふむふむ」と答えるようにします」 間違っている事に対して、気づいてほしいのもありますが。 まず受容する事が大事だと思います。 そして、その生徒が出した答えを見て、「あっ、違うね」と言います。 それは、どうしてか? 間違ってしまったルートに気づいてほしいからです。 間違ってしまったところが正しくわかれば損はないですよね。 次は「こうゆうところを気を付けなきゃね」という反省にもなります。 結局は周り道かもしれませんが、結果的にそれが「学び」だと私は思うのです。 答えを導く過程が間違っていたら、すぐ指摘するのはやめませんか? それではいつまでたっても、間違いは間違いのままですから。 回り道でもいい。 ただそれが一番近い「学び」道です。 それでは、今日も一日楽しくお過ごし下さい。 塾長:木村裕之 ... もっと読む | シェアしてね!