『人と人とのちがいを学ぶひろば』を

 人と人とのちがいがあることは、当然のこと。

 お互いの価値観や考え方、思考がちがうことがわかると、社会がもっとフレンドリーになると思いませんか。

 実際の姿を見ていないのに、先入観で物事を決めていくことで、疎外されて生きづらさを感じている人たちがたくさんいます。

 発達障がい、精神疾患、認知症、海外の国々の人、ひとり親の子、多様化が進むこの現代だからこそ、

 実際に『ともに今を生きる当事者』として、お互いのことをよく知ることが大事だと思います。

 当法人では、生きづらさを感じて今を生きる当事者がたくさんいます。

 そして、今、目の前で苦しんで悩んでいる子どもたちと寄りそう形で、学習支援やピアサポート(当事者同士の話し合いによる支えあいの場)等を活動しております。

 ともに今を生きる当事者同士で、身近な人とお互いを知る世の中になってほしい。

それが、『まなひろ』の活動理念です。

2019年3月28日 更新