まなひろ

軽減税率制度について

こんばんは! 木村裕之です。 本日もお疲れさまでした。 今日は作文対策で「軽減税率制度」について生徒とディスカッションしました。 2019年10月から消費税が10%になるのは、皆さんご存知だと思います。 ただ「酒類・外食を除く飲食料品」及び「週2回以上発行される新聞(定期購読契約に基づくもの)」については、 軽減税率の対象品目となり、8%の税率になります。 では、軽減税率対象品目をどのようにサービスを受けた際に8%の税率になり、 どのようなサービスを受けた際は10%になってしまうのかご存知でしょうか。   それは、イートイン(店内飲食)とテイクアウト(持ち帰り)で変わってきます。   そこで、「このような時は、8%になるのかな?」 「このケースでは、みんな10%で会計するのかな?」 と、発問をしてみたところ、 様々な考えが出てきました。   この文言から、どのようなケースの時は、どのように対応するのか柔軟に考えなければならない。   0か1という判断はできないことを作文に書いていただけたら嬉しいな~という気持ちで、 取り組みました。   明日もじっくり夏授業です。 本日もお疲れさまでした。 ... Read More | Share it now!