「親友」を持つ生徒は強し。

横浜川崎で家庭教師をしております本田裕之です。

本日は、久しぶりに昔の生徒と話す事になっていましたが、

都合によりお休みになりました。

毎日、毎日こうやって過ごしていく中で、

辛い事、悲しい事、聞いてほしい事、たくさん出てくるのだと思います。

私は、どうやっても生徒と同じ年齢ではないので、

同じ目線にたって、物事を考えようとする感覚がないのかもしれないと思います。

目線を合わせる。

そして、肯定の姿勢を持ち、傾聴する。

私には、それしかする事ができません。

生徒で強いのはなんでも話せる相手がいることです。

比較はしてはいけないと思っていますが、

やはり、同級生の友達を持つことが大事だと感じました。

なんでも話せる相手。

なんでも相談に乗ってくれる親友。

そうゆう親友と巡り合わされたら、どれだけ嬉しい事だろうか。

私は二の次でいいのかな~と思いました。

大事な親友、一生付き合ってくれそうな親友を作る。

そんな青春応援しています。

がんばれー

家庭教師・本田裕之

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください