横浜鶴見の個別学習支援・ピアサポート支援の団体|まなひろ

【化学】国立後期に向けて


おはようございます。

横浜川崎でプロの家庭教師をしております本田裕之です。

国立大学前期試験が終わり、後期試験に向けての対策をとっている

最中です。

千葉大学の前期試験では雪に見舞われて大変だったとのこと。

隣の県でもだいぶ天気は変わるな~と実感しました。

試験内容は「デッサン」と「英語」

「デッサン」は3時間かけて試験を行ったみたいです。

美術用品を持ち歩いている人がいたみたいで、少し緊張感が漂っていたとか。

4時間の休憩をはさみ、「英語」の試験。

長い時間、試験にのぞんで疲れていたみたいですが、受かってほしいです。

後期は「化学」オンリーなので、

化学の勉強をひたすらやらせています。

千葉大学後期の化学は説明させる問題が多く、

基本的な事が習得でき、それをアウトプットするのが得意でないと、

きついだろうな~。と思いました。

無機化学、有機化学が特に厄介で、

ショ糖と塩化ナトリウムを完全ではなくてもいいので、分離する方法を説明しなさい。

とか、ほぼ創作ですね。

ただ、基本的な事がわかれば、OKだと私は思っているので、

ひたすら基本を勉強させないといけないなと思います。

夢の千葉大合格できるか?好ご期待(^-^;

The following two tabs change content below.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。