子どもの居場所を考えると

ずっと残ってほしい居場所づくりへ

子どもたちと接していると、考えさせられることがたくさんある。

最近、ご家庭の事情でお休みをされている子がおり、

「どうしてなのかな・・・」と心配になり、

連絡をしてみました。

「行きたくないわけではない・・・今、家族が・・・」

どのご家庭にも様々な事情があり、学習支援にくることができない状況がある。

特に、外国につながる子から、その理由を聞くことが難しい。

それだけ、日本語を使うことが大変だから。

『必ず行きたい場所だから』

その言葉を聞いて、ホッとした気持ちといいますか、涙が出てきました。

今は休む事情があるけれども、必ず戻ってきたい居場所。

大人数で集まる場所が、居場所とは限らない。

学校で、グループに入れない子どもたちに寄り添っていくのが、

当法人の使命なのかもしれない。

必ず子どもたちがくる。

ゆっくり休んで、楽しんで、勉強して、スッキリして、自宅に帰る。

たまには、公園で遊びたい。

たまには、みんなでどこかに遠足に行きたい。

すべての要望を聞くことは難しいかもしれないけれど、

一つ一つ、できることを増やしながら、今後、みんなで一緒に過ごすことができる

ゆったりな居場所を維持していきたいと思う。

たくさんの子どもたちが遊ぶ場所も大事。

そこに行けず、悲しんでいる子どもたちを休ませる居場所も大事。

それが、それぞれの子どもの居場所であればいいのだと感じた一日でした。

関連記事はコチラ

フォローをお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください