横浜市鶴見区地域の学習支援・発達障害等の人への支援団体|まなひろ

子ども達は「字」が丁寧な大人を見ている


こんばんは。

本田裕之です。

久しぶりの投稿になります。

最近、感じている事の一つとして、子ども達が尊敬する大人を見定める一つの指標として、

『「字」が丁寧な大人をしっかり見ている。』ということに気が付きました。

『「字」を丁寧に書く人は、適当に他人を扱う人はほとんどいない。』

と、以前、新聞記事に書いてあった事を覚えていますが、

その通りだと思っています。

 

私も少年時代、大人が書いた字を見て、「信用して良いか。良くないか。」見ていた事があります。

もちろん、メモをしている時の字の事ではなく、人に読んでもらう為の字の事をいっています。

 

私が尊敬する小学時代の恩師は、「字」がとても丁寧でして、毎週「教室の出来事」を発刊していました。

1年間が終わる時、「ハーモニー」という冊子になり、今も大事に持っています。

 

あの時代、ワープロがありましたが、恩師は全て「手書き」で記事を書いていました。

そして、その「ハーモニー」には、日々の生徒の成長を書き込んであり、

今、読んでみると「感動」する思い出がつまっている内容でした。

 

小学時代は、私は劣等生でしたが、褒められた内容が「記録」として書いてあり、

「嬉しい」という気持ちが正直なところでした。

 

「相談事は木村君(私)に聞くといいよ~」と書かれているところがあるのですが、

あの時は、勉強よりも友達や後輩からの相談事にのるのが、楽しみだった事は覚えています。

 

その時、恩師から「木村君は字が丁寧だから、信用できる♪」と言われた事があり、

なんでだろう~と疑問に持っていましたが、最近、わかるようになりました。

 

「字」は「性格」や「気持ち」をあらわす。

その通りだと思います。

 

今、子ども達に「先生の字はなんで綺麗なんですか?」と言われ、

「マイペースに練習を積み重ねたからだよ」と答えています。

実際、そうですから。

 

しっかり練習をすれば、いつか「成果」は出ると思います。

焦らず、何事にも取り組む。

 

心配事は多いのは本音ですが、焦りは禁物だと思います。

そうやって、今日も終わりが近づいている「今」があります。

 

明日は、3月11日。

報道では出されない「震災の写真」

実際、山元町に行けば、心に突き刺さります。

「夢で突然、津波に飲み込まれた時の事がでてきて眠れない」という悩みを持つ人にとっては、

辛い日だと思います。

フラッシュバックに効く医薬品は無いのは残念ですし、「嫌な記憶を消す薬があったらいいな」と言われると、

何もできない自分が悲しい。

 

そんな、複雑な時期で祝い事は、私にはできません。

残酷ですね。

世の中は。

本田裕之

The following two tabs change content below.
「医療・教育」を通して10年以上現場で活動している。個別指導には定評があり、学習とカウンセリングを組合せながら授業をするのが得意。不登校の子や障害をもっている子等、区別せず「人と人が向き合ってお互いを認め合う」教育方針で教育活動を続けている。親御さんから電話を受けカウンセリングを行い、次につなげるスモールステップ方式で成長を長いスパンで見守るのを重視している教育者。

最新記事 by 本田裕之 (全て見る)

コメントを残す