怒りが病状を招くのは

怒りの気持ちが込み上げると、人は病気になってしまう。

今年一年を振り返って感じたことの一つです。

家族間で、敬語のような丁寧で穏やかな言葉を使っているところは、

家族会議の際に、荒波を立てずに短い時間で、物事が解決しているような気がしました。

普段、使っている言葉に品がないと、

「叱る」ときに、相手に伝わらないことがほとんど。

それは、言葉の品のなさで「叱る」という行為の雰囲気が作り出されていないからだと思う。

 

なかなか注意しても、聞かない!

 

というご家庭や人間関係の場に関わる人は、

今一度、「言葉の品」を見直すといいかもしれません。

 

そして、「怒り」で「品のない言葉」を使うと、

お互いのメンタルに支障をきたすような感じがします。

 

障がいや文化の有無に関わらず、

「品のある言葉を使うこと」で、トラブルが避けられるケースを現場で見てきました。

 

もし、ピンっとこられた方は、「言葉の棚卸」をしてみませんか?

フォローしてね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください