横浜鶴見領域の発達障害等の方への個別指導・ピアサポート支援の団体|まなひろ

懐かしき頃の思い出


【1年4組の英語の授業にて】

母校。

意外と、といいますか。

素敵で面白い高等学校でございます。

神奈川県・東京都の高校の文化祭や見学にはよくいくのですが(職業柄)

福岡大学附属大濠高等学校ほど、ユニークで活発な高校は無いと思っております。

それぐらい、なんでも熱心なんです。

甲子園すごかったですよね。

吹奏楽部すごかったですよね。

柔道部すごかったですよね。

サッカー部すごいですよね。

バスケ部すごすぎるでしょ!

剣道もね。

 

ちなみに私は写真部でした。

 

それはそれとして。

 

1年4組の英語の授業。

英語のA先生が突然、留学生をクラスに連れてきたのです。

みんな最初は無言でした。

「映画に出てる人に似すぎじゃない!?」

とまぁ、気づいてた人は気づいていたのです。

 

何事もなく、楽しく英会話ができたのを覚えています。

 

で、私、ナタリーに質問しちゃいました。

「Do you liku natto?」

ナタリーが爆笑してました。

「納豆大好きですよ(にこっ)」

日本語で答えがかえってきたとです。

 

私は、もう充分すぎました。

 

他の生徒が、つたない1年生の英語でいろいろ聞きました。

 

一番思い出深いのは、

「Are you happy?」

ナタリーと共にいた留学生たちは、大爆笑でしたww

「Oh!!」

ですよね~。

普段は、芸能人として会話をしないといけない緊張感に襲われていたナタリーだと思います。

おもいっきり、リラックスして大笑いしていました。

私たちも大笑い。

 

これが、ナタリー・ポートマンの心の片隅に残っている思い出だといいな~と感じてます。

素敵な思い出です。

本田裕之

The following two tabs change content below.
「医療・教育」を通して10年以上現場で活動している。個別指導には定評があり、学習とカウンセリングを組合せながら授業をするのが得意。不登校の子や障害をもっている子等、区別せず「人と人が向き合ってお互いを認め合う」教育方針で教育活動を続けている。親御さんから電話を受けカウンセリングを行い、次につなげるスモールステップ方式で成長を長いスパンで見守るのを重視している教育者。

最新記事 by 木村 裕之 (全て見る)

Tagged on:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。