文のはじめに母音を使わないように

文章のはじめに「母音」がくると、どもってしまうことはありませんか。

学校でスピーチ原稿を発表するとき、文節のはじまりで「あ」「い」「う」「え」「お」といった母音がくると上手く話すことができない子がいます。

その子のために、文節のはじめの言葉を「子音」に変換して、作文を書き、スピーチをしてもらう支援を行いました。

例えば、

  • 「思いました」→「感じました」
  • 「あした」→「みょうにち」
  • 「行きます」→「向かいます」

といった感じです。

すると、スピーチでスラスラと話すことができ、とても喜んでいました。

ちょっとした工夫って大事ですよね。

もし、「母音」で悩んでいる子がいましたら、ぜひ、使ってみてくださいね。

フォローをお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください