文章に線をひっぱる大事さ。

【文章に丸や線をつけてますか?】

おはようございます☆

お久しぶりの更新でございます。

横浜・川崎で家庭教師をしております木村裕之です。

さてさて。

私の生徒でどうしても国語算数が伸び悩む子がいまして、

ずっと分析していました。

小学5年生なのに、小学6年生の計算力はある。。。

でも、国語や算数は全く解けない・・・

なんでだろう。。

 

そして、答案や解答を見て気づきました。

「今の子はビジュアル世代だから図や絵になおすと得意」

かつ

「国語は文章を読むだけで、線をひっぱらない」

という特徴が見えてきたのです。

 

あっ!

と思い、音読させて問題を解いたらOK!

黙読させて問題をといたらNG!

じゃ、印象に残ったところに線をひっぱってもらって。。。

 

するとOKだったのです!

 

あとで読み返す時に、やはりその用語がしっかり目の中に入ってくる。

すると国語はすぐ解けるようになったのです!

 

なるほどね~

 

そうゆうことね~

 

もしかしたら、あなたのお子さんもその穴にはまってませんか?

 

ぜひ、見てみてください!

 

では。

フォローをお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください