横浜市鶴見区流域の学習支援・ピアサポート活動の団体|まなひろ

新聞記事をゆっくり読むことで。


最近、朝にゆとりが出てきたお陰で、

新聞記事をゆっくり読む時間ができてきました。

最近は、イギリスのEUからの離脱が問題になっていますね。

僕にとっては、いつの間に!?

というイメージで・・・

ちゃんと新聞を毎日読んでいないと、

時代の流れがつかめないのはわかっているのです。

わかってはいるのだけれども、この日は「忙しすぎ」て・・・

と自分自身に理由をつけて逃げていくのです。

本当に、いけない癖です。

本当に。

 

新聞記事をゆっくり読むということは、とても大事だといいたいのに、

話がズレてしまっている。いけないいけない。

 

そう。最近、「いけない」という言葉をよく使うようになりました。

「いけない」というのは自分をしめつける言葉ですよね。

だから、あまり使っちゃいけない・・・ほら、また出た。

 

「~しなければならない」という言葉を使っていると、

なんて自分に自信が無いのだろう・・・と思う事がたくさんあります。

 

ゆとりがない。

 

そんな毎日を送っているからですね。

 

あっという間に時間が過ぎていって、老人になっているものよ。

 

と最近知り合った人に言われる事があります。

 

いやいや、そこはお姉さん。老人にはそう簡単にはなりたくありませんよ~

 

というと、「ふっ。」って。

 

そうそう、うちにはテレビが無いから、

新聞が唯一の情報媒体なのです。

時事問題を作って生徒に渡す立場なので、

記事をゆっくり読むように心がけます。

 

理系な私。

苦手な活字。

ただ本が好き。

 

そんな毎日。

たまには休息とりたいものです。

 

新聞記事をゆっくり読めるように。

The following two tabs change content below.
「医療・教育」を通して10年以上現場で活動している。個別指導には定評があり、学習とカウンセリングを組合せながら授業をするのが得意。不登校の子や障害をもっている子等、区別せず「人と人が向き合ってお互いを認め合う」教育方針で教育活動を続けている。親御さんから電話を受けカウンセリングを行い、次につなげるスモールステップ方式で成長を長いスパンで見守るのを重視している教育者。

コメントを残す

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.