まなひろ

日曜日の東京大学


こんばんは、本田裕之です。

先週の日曜日に、東京大学本郷キャンパスへ行きました。

教え子と2人で。

昔、医科学研究所へお邪魔していた時は、

学生が活発に校内を移動していたのをよく見かけた覚えがあったのですが、

先週の日曜日は、「シーン」とした感じでした。

ローソンとスターバックス、工学部のコミュニティ(1階)は人が賑わっていた様子ですが。

 

私の勝手な解釈かもしれませんが、九州工業大学情報工学部は「不夜城」と呼ばれるぐらい、

電気の灯が消えない学部で、夜中もずっと稼働していたような気がしました。

私自身も学部時代に研究室で実験する時は、夜中帯がよくありましたから。

 

今の東京大学は、日曜日は学生がほぼ居ないんだぁ。。。

 

なんか、寂しく感じたのは私と教え子の2人だけなのかしら。

と、しみじみ思いました。

2018/02/25 本田裕之

The following two tabs change content below.
「医療・教育」を通して10年以上現場で活動している。個別指導には定評があり、学習とカウンセリングを組合せながら授業をするのが得意。不登校の子や障がいをもっている子等、区別せず「人と人が向き合ってお互いを認め合う」教育方針で教育活動を続けている。親御さんから電話を受けカウンセリングを行い、次につなげるスモールステップ方式で成長を長いスパンで見守るのを重視している教育者。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。