眠れない!そんなときどうする?

おはようございます。

横浜で家庭教師をしております木村裕之です。

今日は不眠症に陥っている人たちが、眠れない時、どのようなことをしているか事例を挙げながら

説明したいと思います。

1.無理に眠ろうとしない

「眠れないときは、無理に眠ろうとしなくても良い」という新聞記事がありました。

物音を立ててはいけない夜の時間帯だから、「軽いストレッチ」を行ったり、

「本を読んだり」「パソコンを使ったり」して、目を使うことをする。

目をたくさん使うと、眠くはならなくても目がしょぼしょぼします。頭がボーっとし、

横になります。

そして、目を閉じ横になってNHKの「ラジオ深夜便」を聞きます。

ゆっくりな口調と音楽で心地よい時間が過ごせます。

と、ねれるときがよくあるとのことです。

2.思い切り泣く

うつ病と不眠症なった人で、医者から、

「つらいときは泣いていいんだよ」と聞かされて、

思い切り泣くようにしている。

「泣いてもいいんだ」とそのときの自分自身を受け入れることができるようになります。

そして、泣き疲れてねてしまう。とのことです。

 

やはり、不眠時のお薬は3種類に分かれていて、睡眠導入時の頓服を処方されている人は、

それをうまく使うことで、ゆったり眠れるのではないか?と思います。

 

いかがでしたでしょうか。

このように、眠れないときでも、眠れるようになった!!

今日眠れなかった分、明日眠れると思ったら良いのではないでしょうか。

今日はここまでに致します。

(●引用:こころの元気プラス2010年10月号より)

フォローをお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください