解剖生理学かぁ~

解剖生理学。

今、卒業した生徒が悩んでいる教科。

理解するととても面白い分野ですし、

脳や胃の症状から人体に関する事まで、

勉強する事ができる楽しいものです。

ランゲルハンス島βからインスリンが出て、

血糖値を下げて~

糖尿病の人はなぜか、このインスリンが出ないんだよね。

どうしてだろうね。

血糖値を上げるのはランゲルハンス島αから出る~

なんだっけ~?

って物語風に勉強すると楽しいと思う。

暗記教科だと思ったら、「苦」で仕方ないでしょう。

でも、不思議な事にまだ解明されていない事まで

さら~っと教科書に書いてあったり。

麻酔ですね。

麻酔って不思議だね~って。

副交感神経系に関わるんだっけ?あれ~?って。

アセチルコリンは・・・。

 

と、頭の中でネットワークを築いてあげると良いのです。

あとは、依存症の話。

アルコール依存症、ゲーム依存症、ギャンブル依存症があって。

ギャンブル依存症だけは、どうしてもやめられない。

ギャンブルを避けようとしても、パチンコ屋さんは傍にあったりして、

離脱しにくい、進行型の依存症だそうな。

アルコール依存症や薬物依存症は離脱症状が大変らしいが。。

 

よは、現実の社会の中での事をしっかり勉強していれば、想像が膨らむもの。

実は楽しい教科なんだけどな。。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください