横浜鶴見領域の発達障害等の方への個別指導・ピアサポート支援の団体|まなひろ

面接室に入る前から、面接試験ははじまっている


こんばんは。

本田裕之です。

過去を振り返ると「面接指導」は、半年前から指導しておりました。

それは、遅すぎではないか?と言われるかもしれませんが。

小学校入試、中学校入試、高校入試、大学入試etc.

就職時の面接試験でも言える事だと思っております。

面接室の前で、受験生が待機している時から、面接官は見ています。

聞いています。感じています。空気を通じて。それ以外のものからも通じて。

 

面接官は、その受験生と面を合わせる前までに「受験生の家庭(受験生の歴史や家庭の主(特に母親の想い))」

判断している。

 

はず。

 

今まで、その受験生がどのような歩みで、この場に参上したのか。

 

それだと、半年前では遅すぎではないか?と言われるのが、わかると思います。

私は半年前までには、(競馬に例えるのは宜しくないかもしれませんが、、)

府中競馬場コースで言うと、最終コーナーをまわる直前のところにいる気持ちで、

取り組まないといけないと思っています。

 

レース名で例えると、東京優駿は芝2,400m

最終コーナーをまわる直後からゴールまでの登り坂を、

一気に走らなければなりません。

 

歓声が大声で響く。

「騎手」は、「ご家族かな。先生かな。」

「馬」は、「受験生かな。」

 

歓声に驚くでしょう。

周囲のストレッサーに、押しつぶされるかもしれません。

その状況下で、登り坂を走る。

 

この一度の舞台の為に、「受験生を主に、周囲と連携して思いを込めて挑む。そして走りきるのです。」

 

これが「勝負」だと思います。

 

東京優駿になぜ例えたかというと、同じ歳で勝負するレースだからです。

 

「受験生」が勝ち上がるのは、もちろんの事です。

ただ、「騎手」は「受験生」をしっかり支える人です。

 

「ご家族」と「先生」、その他の第三者も巻き込んで、勝負に挑んでください。

 

勝負が終わった後も、「騎手」と「受験生」の関係は強く続くはずです。

少し前の競馬の世界では、東の「岡部幸雄」さん、西の「武豊」さん、が有名だったのはそうゆうことです。

 

「あなたの夢はなんでしょう。」

 

最後まで、「やりきって」くださいね!

ただ、故障しないように。

 

(私は、競馬は、いつもドラマの様に観ているだけですので、お金をかけることは・・・特に)

2018/2/3 本田裕之

The following two tabs change content below.
「医療・教育」を通して10年以上現場で活動している。個別指導には定評があり、学習とカウンセリングを組合せながら授業をするのが得意。不登校の子や障害をもっている子等、区別せず「人と人が向き合ってお互いを認め合う」教育方針で教育活動を続けている。親御さんから電話を受けカウンセリングを行い、次につなげるスモールステップ方式で成長を長いスパンで見守るのを重視している教育者。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください