【Scratch(スクラッチ)】子どもから大人まで楽しめる無料プログラミング言語

2020年度から小学校でプログラミング教育が導入されます。

そこで、子どもから大人まで楽しめるプログラミング言語をご紹介いたします。

●Scratch(スクラッチ)

https://scratch.mit.edu/

 

<特徴>

・アメリカのマサチューセッツ工科大学(MIT)で設計・開発されたプログラミング言語

オープンソースのフリーウェア(無料)でWindows、MacOS、Linuxで動作し世界各国の言語に対応

結果がビジュアルで表示

・イギリスのほとんどの小学校で導入済

オンライン版(Google chrome等のインターネットブラウザ)、オフライン版(インターネットに接続しなくてもOK)の2種類がある。

オリジナルの物語やゲーム、アニメーションを作成することができる。

・コミュニティーやプロジェクトがある。(情報共有ができる)

 

<感想>

非常に面白いです。

昔、Linuxでエディターに言語を書いていた時代と比較すると導入が簡単!わかりやすい!

 

<まとめ>

入門資料などが豊富にあるので、ぜひ試してみてください。かなりオススメです!!!

また、書籍では「親子でかんたんスクラッチプログラミング図鑑(著作:松下孝太郎/山本光)」

わかりやすいのでご参考までに。

 

2018年5月3日 本田裕之

フォローをお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください