裕叡塾(まなひろ)の軌跡

「読めばわかる」と「読んでもわからない」の違い


「読めばわかる」は、今まで「学ぶ」を努力をしてきて、

頭の中に知識や経験のネットワークができている人が言う事ができる言葉。

「読んでもわからない」は、まだまだ「学ぶ」事の基本ができていない人がいう言葉。

 

高校生までは、その「学ぶ基本」を練習する時間。

大学生からは、「その学ぶ努力をしてきた成果を活かして、学問に入っていく入門の時」

 

社会人になっても「学び続ける」のは当然の事だと思う。

 

「学ぶ」事を恐れて、何もしないのが一番いけない。

 

「行動」に移せば、「学ぶ」事はできる。

ただ、「学ぶ」きっかけを与えるべき役割の人が「教師」ではないかと感じる。

 

そのかわり、「教師」も「生徒」である。

それが「教育」だと思う。

本田裕之

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。