【オススメ本】佑樹(齋藤寿孝・しづ子)

いつもお世話になっております。

横浜川崎のプロの家庭教師の木村裕之です。

今日は、小学生高学年の国語の読解でオススメしたい本を紹介したいと思います。

「佑樹(斎藤寿孝・しづ子 著)」という本。

あのプロ野球選手・斎藤佑樹の幼い頃からの親子の育ちが書かれている本です。

ハンカチ王子としても有名な斎藤佑樹ですが、

この本の特徴としましては、お父様とお母様が交互に、

佑樹の育ちについて書かれている本です。

とっても読みやすく、一日1ページから3ページの間で、

一まとめになっているので、毎日の読書にはとても素晴らしい教材とも言えるでしょう。

私の生徒には、まず「印象づいたところに波線をひっぱってもらう」ことをして、

その後に、私が問題を出すという形式をとっております。

問題を解いてもらって記述力をアップさせる。

これが私のねらいです。

大人でも読書離れが多いので、ぜひ、この本を読んでみてはいかがですか?

ご参考までにどうぞ。

裕叡塾 木村裕之

フォローをお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください