メンタルケア心理士の資格を目指して

こんばんは。

いつもお世話になっております!

横浜川崎で家庭教師をしております本田裕之です。

本年度は、「メンタルケアのできる家庭教師」を目標に、

発達心理学や児童心理学を勉強しています。

また、民間資格かもしれませんがメンタルケア心理士®の資格をとるように毎日勉強しています。

当たり前の事ですよね。

あの天才博士が「1%の才能と99%の努力」とおっしゃっていたからには、

努力をし続ける姿を生徒に見せ続けなければ、

この仕事をやっていけないなと思っております。

たとえ仕事じゃなくても、自分自身の上昇がうまくいくのであれば、

とことん費やしていくのが普通なのかと。

この前、2回目の添削が返ってきましたが、満点でした。

意外と、修了するのは簡単かもしれないけれども、

試験に受かるには、ちょっと厳しい資格なのかなと思います。

(だって、合格率が30パーセント台ですもの)

ただ、私は一発合格を目指しています。

自分への時間が増えましたから、その分、勉強に費やす事ができますもの。

楽しいです。

あっ、生徒が服用していたレンドルミンってこんな作用があるんだ!とか、

もしかして、塩酸過剰?とか、チック症だったんだ・・・とか。

特に精神面の知識は身に着けておかないとね。

ストレッサーってなに?

あっ、生化時代にお世話になった人たちには申し訳ないですけれども、

私、大学時代勉強あまり深堀していなかったのかも、

ごめんなさい。

まずは、メンタルケア心理士®に合格できるように努力いたします。

えいえいおー

家庭教師・本田裕之

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください