一人の人として見る大切さ。

いつもお世話になっております。

裕叡塾の木村裕之です。

いろんな心理学の本を読んでいますが、

やはり大事なのは、現場に立って、一人一人の人格を見ることを改めて感じております。

障害がなにさ。病気がなにさ。

そんな気持ちです。

一人の人間として見る事によって、その人の個性を引き出してあげる事が私の使命だと思っています。

人間それぞれいろんな人がいますが、レッテルは貼ってはいけないと思うのです。

一人一人面と面を向き合って、その子を見る。

それが大事なのだと思います。

今日は久しぶりに早く帰ってきてゆっくりしております。

明日からも生徒の為にがんばらなくちゃ。

そして、自分の健康状態も維持しなければいけないとつくづく思う。

木村裕之

フォローをお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください