字を書く困難さが無くなりつつある成長をみて

ノートに字を書くことができなかった昔

約4年前から指導している子が、今日は数学の問題をスラスラと

紙に途中式を書いて解いている。

文字を書くことが、難しかったあのころを思い出すと、

嬉し涙が出てきました。

成長を目の前で見続けていると、感動することがたくさんありますね。

背丈を抜かされたと気づいた時もそうでしたが、

なんとも言えない感動が周囲の人たちを巻き込み、

柔らかい時が流れていっているような気がします。

昔は、戦いでした。

家族以外の人と外に出ることが無かったあのころを知っていると、

今、外出が楽しくて友達とたくさん遊んでいる姿を見ると、

朗らかになりますね^^

 

その子にとって、相談する人ができたことが大きいというのは、

本人からも家族からも話されたことでした。

 

「今よりも、長い時間をかけて成長を見守ること」

 

その成長がゆっくりであっても、お互いのパーソナルエリアを保ちながら、

大きな器で接していると、誰にも抜かされることができないほど、BIGになるのだと、

感じてます。

 

本人以上に、周囲が焦らないように。

まなひろ 代表 木村裕之

フォローをお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください