徐々に落ち着いてきました。

ある生徒が言う。

授業が楽しかったと。

学校の先生は好きだけれども、僕のことは好きみたい。

嫌いな教科は、嫌いな先生から生まれることが多々ある。

だから、生徒に私のことを好きになってもらって、

指導すると、徐々にその教科が好きになる。

「数学が好きになりました!」

とてもありがたい言葉だと思う。

今後も、ずっとずっと生徒の為に全力で力を注いでいきたい。

待っている生徒がいる限り、がんばらないと。

木村裕之

フォローをお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください