教育とは。

こんにちは!

お世話になっております。

横浜裕叡塾の本田裕之です。

今日の朝日新聞の朝刊にとても良い記事がありましたので、ご紹介いたします。

//

●教育とは死に至らない失敗を安全に経験させるためのものです。(植松努)

教育は、失敗や責任の避け方を教えるものではなく、それの対応の仕方、

その乗り越え方を教えるものであるはず。

失敗は許されないという空気が、結果として

「誰の責任なのかわからないシステム」をつくり上げると、

宇宙開発にかかわってきたこの町工場の経営者は言う。

人はつい「どうせ無理」と口にするが、まずはそれに負けない人を育てたいとも。

「思うは招く」から。

//

失敗を恐れずに、物事に取り組ませる。

それが私も教育だと感じている。

教育者であるからには、生徒の失敗を大きく受け入れて、

どのように改善していけばよいのかなど、

語り、そして自発的に物事を話すような訓練が必要だと思う。

私自身、今まで「失敗したらダメ!」「失敗したら甘え!」と、

教わってきた人間だから、それは違うのだなと最近感じるようになった。

どうしたら、うまく生きていけるのか。

避けるのではなく、失敗を繰り返して、物事に当たらせる。

これが何よりも大事な事なのだろうと思う。

歳など関係ない。気づいたその時にチャンスが訪れるのだろうから。

教育支援業について、まだまだ未熟者の私ではあるが、

たくさん文章を読んで、努力し続ける事は続けないといけない。

私には課題は大きすぎる事もあるけれども、

「失敗は成功の素」というのを意識して仕事に従事したいと感じた。

 

横浜川崎のプロ家庭教師・本田裕之

 

フォローしてね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください