日本の大学に進学するためには

外国につながる子や青年の将来の姿は

外国につながる子や青年から、高等学校進学・大学進学についての相談を受けております。

「英語ができないとダメですか?」

「この地域では、どんな学校がありますか?」

「高等学校とはなんですか?」

など、そもそも日本の学校の制度がわからない人たちがいる現状で、

英語を知らない、ベトナム語やタガログ語が母国語の人たちとどのように

伴走していくか課題になっています。

体制が整わない今

国際交流の機関へ相談に行っても、対応してもらうことができなかった人からの

お問い合わせに四苦八苦しているのが現状でして、

他法人と相談をしながら、毎日一つずつ物事に取り掛かっています。

フィリピンの人から、『介護福祉士』の試験対策できますか?

先日、相談されたこともあり、

柔軟に対応していく必要が出てきております。

カテゴリー化はしないように

今まで通り、成長のゆるやかな子(障がいを持っている子)、ひとり親の子、外国につながる親子・人を

対象にインクルーシブに学習支援を行い、そして相談に応じる対応をしていく方針です。

『困っていて、悩んでいる人たちを助けたい』

それが私たちのやりたい事ですから。

関連記事はコチラ

コメント

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました