まなひろ

本人の意思を大事にする大切さ


「特別支援学校」という名前が出てきて何年が経つのだろうか。

意外と、そこまで年数は経っていないのだが。

人それぞれ、様々な問題や環境があり異なると思うが、

「もっと勉強したかった」という声を聞く事が多々ある。

幼い頃は「親」の判断で、物事の大部分が決まる。

「子ども」の意思はどうなのかというと、あまり尊重されない場合が多い。

 

ましてや、「病気」や「障害」を理由に、

「子ども」の訴えが、他人に伝わるかというと。。。

 

ただ、メリットはある。

「コミュニケーション能力があがった」

「精神的に落ち着いた生活を送ることができている」

など。

 

しかし、デメリットとしては、

「普通級の子ども達と一緒に過ごしたかった」

「クラスをわけてほしくなかった」

「学校の廊下を歩くのが、つらかった」

「勉強をもっとしたかった」

という本人の意欲を満たすのが難しいのが現状なのだと思う。

 

今、大人になって大学へ入学を目指す人がいる。

また、高校進学の時に「内申点」が無かった為、普通校に行くのが不可能だった人が

「学び」にチャレンジしている。

 

客観的に他人から「ゆっくり過ぎて、できないのでは?」「●●だからできないよ。」と意見を言われるの

だろうけれども、

本人の意思が「したい!」なら、尊重させてあげるのが大切なのではないのだろうか。

 

チャレンジしようとしている「まなざし」を観るのが上手い指導者が、

世の中で少しずつ活躍している時代に突入していると感じる。

 

2018年5月3日 本田裕之

The following two tabs change content below.
「医療・教育」を通して10年以上現場で活動している。個別指導には定評があり、学習とカウンセリングを組合せながら授業をするのが得意。不登校の子や障がいをもっている子等、区別せず「人と人が向き合ってお互いを認め合う」教育方針で教育活動を続けている。親御さんから電話を受けカウンセリングを行い、次につなげるスモールステップ方式で成長を長いスパンで見守るのを重視している教育者。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。