約束を守るためには

時間をまもることとは

2019年9月10日(火)15時から16時まで鶴見中央地域ケアプラザ(多目的ホール)にて、ピアサポートを実施いたしました。

テーマは、「約束を守るためには」でした。

参加者の中からは小学生の時に、

  1. 時間を守ること
  2. 思いやりの心をもつこと
  3. 挨拶をすること

の3つが大事だと教えられたお話をされた人がいました。

上記の3点は、「当たり前」のようにできるような感じがしますが、なかなか継続して守ることができないのが現状だと思います。

就労支援施設や仕事、サークル等で、物事をお願いされる人は、いくら正論を話す人であっても、信頼できる人でなければ任せられないですよね。

時間を守り、思いやりの心を持ち、気持ちよく挨拶ができる人ほど、信頼され、どんな失敗をしても建設的に行動すれば、その失敗は受容されるのだというまとめになりました。

障害の有無に関わらず、自分自身ができることをコツコツと持続できることが、将来のためになるのだと思います。

次回は10月ですね。

本日もありがとうございました。

関連記事はコチラ

フォローをお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください