褒める事と叱る事はしない。

いつもお世話になっております。



本田裕之です。



私が生徒に教える時に、気をつけている事をお話します。



まず褒める事はしない。



褒める事をする事でデメリットが生じるからです。



将来、褒められたがり屋になってほしくないからです。



褒める事は大事な事と言われていますが、



上から下に目線を合わせて言う言葉なので、



あまり使いたくないのです。



また、叱るということも私は嫌です。



叱ることも対等に物事を見ていない印です。



では、どうしたらいいのか。



「子ども」を対等の人間に一人として見る事が大事だと思います。



そう思えば、褒める事と叱る事をしないでしょ?



上から目線で接していれば、人間進歩しません。



同じ目線に合わせて物事を行う事が大事です。



「教育」を従事している人には当たり前すぎる事かもしれませんが、



今日は簡単に書いてみました。



詳しくは、また時間がある時に書きたいと思います。



本田裕之

フォローしてね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください