誰よりも強くなりたくて

休みが欲しい…

突然、そんな言葉を発した彼。

部活動と課題と恋愛と…

一見、充実した青春を送っているように見えていたが、

日曜日以外はフル活動であり、

精神的に追い込まれている様子が

行動特性から診るとわかってしまう状況だった。

「日曜日に早くなってほしい…」

彼がクライシスになるときのサインだ。

スマートフォンからできるだけ離れて、

余計な情報を遮断し休養することを促した。

視覚情報が過敏なのは仕方ない。

周囲の人がストップをかけなければ、

倒れてしまう。

倒れないようにするのが、私の役目。

誰よりも強くなりたい気持ち。

強いってなんだろう…と、ふと感じた夜。 

フォローをお願いします!

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください