まなひろ

軽減税率制度について


こんばんは!

木村裕之です。

本日もお疲れさまでした。

今日は作文対策で「軽減税率制度」について生徒とディスカッションしました。

2019年10月から消費税が10%になるのは、皆さんご存知だと思います。

ただ「酒類・外食を除く飲食料品」及び「週2回以上発行される新聞(定期購読契約に基づくもの)」については、

軽減税率の対象品目となり、8%の税率になります。

では、軽減税率対象品目をどのようにサービスを受けた際に8%の税率になり、

どのようなサービスを受けた際は10%になってしまうのかご存知でしょうか。

 

それは、イートイン(店内飲食)とテイクアウト(持ち帰り)で変わってきます。

 

そこで、「このような時は、8%になるのかな?」

「このケースでは、みんな10%で会計するのかな?」

と、発問をしてみたところ、

様々な考えが出てきました。

 

この文言から、どのようなケースの時は、どのように対応するのか柔軟に考えなければならない。

 

0か1という判断はできないことを作文に書いていただけたら嬉しいな~という気持ちで、

取り組みました。

 

明日もじっくり夏授業です。

本日もお疲れさまでした。

The following two tabs change content below.
「医療・教育」を通して10年以上現場で活動している。個別指導には定評があり、学習とカウンセリングを組合せながら授業をするのが得意。不登校の子や障がいをもっている子等、区別せず「人と人が向き合ってお互いを認め合う」教育方針で教育活動を続けている。親御さんから電話を受けカウンセリングを行い、次につなげるスモールステップ方式で成長を長いスパンで見守るのを重視している教育者。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。