横浜市鶴見区流域の学習支援・ピアサポート活動の団体|まなひろ

「やる気のスイッチ」が出る3つの瞬間


おはようございます。

本田裕之です。

最近のニュースを見ていると、悲しくなってしまい涙がボロボロ出てきました。

私自身、幼い頃のフラッシュバックが激しく出てしまっていますが、

本題にうつりますね^^

 

今日は、やる気のスイッチについて書いてみようと思います。

今までの経験を通して、「人のやる気のスイッチが入る瞬間」が少しずつわかるように、

なってきました。

3点あります。

 

  1. 問題を解く加速度が急激にあがるとき

  2. その物事(科目でも金銭管理でも)に対して前向きになっているとき

  3. リラックスして笑顔が出ているとき

 

です。では、各要点について説明していきたいと思います。

 

1.問題を解く加速度が急激にあがるとき

1点目についてですが、苦手意識を持っている子が問題を解く時、頭の回転がグルグルしている状況で、

疲れた表情をしているのが目立っていました。

ただ、何かのトリガー(引き金)となる発問をした時に、ワークへの取り掛かりがビックリするくらい

速くなることを様々な支援を通して、感じることがあります。

今まで、30分で算数の問題に取りかかることができる子が、

2時間時計を見ないで、頭をフル回転して、質問をドンドン投げかけてくる瞬間。

良い意味で人が変わったように、「スイッチ」が入るんだと感じてます。

「急激」というのは、あくまで「客観的」に観たときの事ですから、

本人は気づいていないときもあることが多々あります。

 

2.その物事(科目でも金銭管理でも)に対して前向きになっているとき

2点目についてですが、「前向き」になっている時は、とことん「前向きのスパイラル」に入っている状態が、

観られます。

「前向きのスパイラル」に入ると、「ネガティブ」な事、

例えば、「できない」「つらい」「逃げたい」という感情が出にくいのかな?と感じています。

また、「前向きのスパイラル」に入ると、「よっしゃ!」とか「うぇーい!」とか、自発的にポジティブな発言をしている

のが印象的。

この点は「スポーツ」と共通点があるのではと感じました。

 

3.リラックスして笑顔が出ているとき

3点目についてですが、「リラックスして笑顔」が出ているとき、

当本人は、気づいてない場合がほとんどです。(私自身の経験上)

ですので、その日の最後に「今日は笑顔で勉強していたね!」とフィードバックすると、

当本人は、驚くのです。

 

この3点を通して、

何が言いたいかというと、「やる気のスイッチ」は「周囲の人」が気づくことが多く、

「当本人にフィードバック」することにより気づかせることで、

「前向き・正・ポジティブ」のスパイラルに入りやすい。

ということです。

 

100人いれば、100通りの方法があるかと思いますが、

この「やる気のスイッチ」に関しては、確率的には大きいのかなと感じております。

ご参考までに。

2018年6月10日 本田裕之

The following two tabs change content below.
「医療・教育」を通して10年以上現場で活動している。個別指導には定評があり、学習とカウンセリングを組合せながら授業をするのが得意。不登校の子や障害をもっている子等、区別せず「人と人が向き合ってお互いを認め合う」教育方針で教育活動を続けている。親御さんから電話を受けカウンセリングを行い、次につなげるスモールステップ方式で成長を長いスパンで見守るのを重視している教育者。

コメントを残す

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.