尻手駅、点々つけて、十手駅

川柳をつくってみよう

川柳をつくって、少しでも日本語を使って楽しむことができたらと

そして、はじめにできあがった川柳がこれです。

尻手駅、点々つけて、十手駅

なかなかマニアックじゃなかいか。。。

尻手(しって)に濁点をつけたら十手(じって)になる。

そして、5・7・5のルールを満たしている。

なかなかやりますね。。。

十手駅?

そういえば、十手駅はあるのかな?と疑問に思い調べてみると、

無さそう。

ただ、十手(じって)の語句を調べてみると、

十手(じって、じってい、實手)は、日本武器および捕具の一つ。30cm – 1mほどの鍛鉄真鍮鍛銀(打ち伸ばした銀)といった金属や、などの堅牢な木でできた棒の手元に鈎をつけたものである。敵刃からの防御に用いたり、突いたり打つなどの攻撃、時には短棒術として用い犯人の関節を極める・押さえつける・投げるなど柔術も併用して制圧し捕縛に用いる。( 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』)

なかなか、難しい言葉だということがわかりました。

柔術にも併用していた武器であり捕具なのですね。

ちなみに、尻手横浜市鶴見区尻手ですが、

尻手駅は隣の川崎市幸区南幸町3丁目にあります。

同じく矢向(やこう)横浜市鶴見区矢向で、

矢向駅横浜市鶴見区矢向6丁目にあります。

矢向という地名は、ヤマトタケルノミコトが東征した際に、

この地域で敵と戦い矢合わせをしたことから「矢向」という地名がついたようで。

カッコいいですよね!

では、尻手は?

尻手は、多摩川尻の手先に届くところのような意味合いがあるらしく、

そこから、川尻の手。

尻手になったようです。

多摩川に関連した地名が多いのは有名ですが、

「矢向」と「尻手」を比較すると…

結局、俳句は…

夏の空、点々つけて、星空に

お疲れさまでした!

フォローしてね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください