ひきこもりだった子が外の世界へ旅立つとき

闇から光へ

ひきこもりだった子が外の世界へ旅立つとき。

とても晴れやかで、自信を持った表情を見せ、

外の世界へむかっていく。

 

一見、闇から光へ羽ばたいていく背中を見ることが微笑ましく、

ここでハッピーエンドと思いがちだが、

まだまだ、卒業が難しい状態であることが多い。

 

「親離れ」と「子離れ」の乖離

子どもにとっては「親離れ」をする良いチャンスなのかもしれない。

ただ、親にとって「子離れ」をするタイミングかどうかは、少し疑問に感じることがある。

 

一生懸命、家庭の中で煮詰まっていた親御さんが「燃え尽きてしまう姿」がどうしても見られてしまう。

 

急に、自分自身のための時間が出来てしまうおかげか、

「なにをしていいのだろうか・・・」と悩んでしまう親御さんを見てしまう。

「燃え尽き症候群」なのか。

子どもの悩みを傾聴し、家族一人一人の思いを傾聴し、

そして、寄り添っていくことで「ひきこもり」というのは卒業していく様な気がする。

家族間で、お互いどのように考えているのか、何を考えているのか、

意思伝達が上手くいかないときに、起こるようなこと。

家族一人一人のケアを

そして「ひきこもっていた子」が卒業するとき、

その反動で無心になった「家族のケア」が必要だと、

支援を通して感じる。

ここで質問です

あなたは、家族一人一人の良いところを「10個」あげることはできますか?

家族の仲が良いところは、すぐに20個ぐらいはあげるのをみていますが。

フォローしてね!

広告

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください