まなひろ

メンタルを維持するには


こんばんは!

横浜裕叡塾本田裕之です。

新居に引越して仕事開始でございます。

月末には、生徒の入試が待ち構えているわけでして、

ドキドキ心臓が鼓動しはじめています。

あぁ、またこの時期がやってきたんだな~って思う今日このごろです。

普段、勉強に対して頑張っている生徒さんたちですが、

この時期になると、メンタル不調になりがちな子が増えてくるので、

日ごろの会話でサインをみつけなければなりません。

どのようなサインをみつけなければならないでしょうか。

メンタルの不調は身体に出てくる

メンタル面が何かしら不調な状況になっていた場合は、まず身体のどこかに不調が出てきます。

それはお腹(ぽんぽん)の調子だったり、食欲の問題だったり、

人それぞれです。

ストレス発散する方法が、なかなか見つからない人。多いです。

普段は部活でスポーツをしていたお陰で、身体の調子を整えていた子が、

勉強漬けになると、体重が一気に増えて、ドカーンと。

気持ちもストレスもドカーンとしてしまうので、

危うい路線を突き進む子も少なくありません。

「最近、体重が増えてきたな。」

「お腹まわりが。。」という事になる前に、

毎日の生活の中で、スポーツ(有酸素運動)を取り入れるようにしましょう。

これで、勉強にも手がはかどるわけですから、

成績もグーンとのびてくれる・・・はず!!

メンタル面維持に、スポーツを取り入れる。

がんばって受験乗り越えてくださいね!!

家庭教師 本田裕之

 

The following two tabs change content below.
「医療・教育」を通して10年以上現場で活動している。個別指導には定評があり、学習とカウンセリングを組合せながら授業をするのが得意。不登校の子や障がいをもっている子等、区別せず「人と人が向き合ってお互いを認め合う」教育方針で教育活動を続けている。親御さんから電話を受けカウンセリングを行い、次につなげるスモールステップ方式で成長を長いスパンで見守るのを重視している教育者。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。