横浜鶴見領域の発達障害等の方への個別指導・ピアサポート支援の団体|まなひろ

博多駅の思い出


こんにちは。

本田裕之と申します。

昔、九州工業大学に通っていた時のこと。

夜勤で福岡市のとある会社に勤めていて、就業後に博多駅で寝泊まりをしていました。

あの頃は、駅中にストリートミュージシャンが奏でるギターの音が響いていました。

「懐かしい。」

始発の汽車に乗って、新飯塚まで1時間30分。

ゴトゴト動く、列車の響きがとても気持ちよかったです。

関東に上京して、そんな事感じなくなったな~(笑)

昔をちょこっと思い出しました。

 

博多駅で泊まり大学へ

 

2018年5月12日 本田裕之

The following two tabs change content below.
「医療・教育」を通して10年以上現場で活動している。個別指導には定評があり、学習とカウンセリングを組合せながら授業をするのが得意。不登校の子や障害をもっている子等、区別せず「人と人が向き合ってお互いを認め合う」教育方針で教育活動を続けている。親御さんから電話を受けカウンセリングを行い、次につなげるスモールステップ方式で成長を長いスパンで見守るのを重視している教育者。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください