自分を管理する事ができてこそ、働く事ができる

自分を管理する事ができてこそ、働く事ができる。

どの病気でも同じ事が言えるのかもしれない。

「病気」だと診断されて、落ち込む事は誰だってあるでしょう。

そこで自暴自棄になる人は、社会に出る事が難しいのは、

今までの経験を通して、学ぶことができた。

とても、恥ずかしい話だが。

今まで「生きる」「生活をする」ことが、とても難しいものだと感じていた。

『なぜ、他人はできるのに、私はできないのだろうか?』

いつも、自問自答をしていた。

 

そこで、気づいた事がある。

それは、『人と比較して自分を評価するのは止めよう。』ということ。

 

「人と比較する」という行動を続けていると、

質の悪い時間を、ずっと過ごすことと同じなのだ。

 

「自分自身と勝負する」

それが、大切なのだと思う。

 

スモールステップでいい。

少しずつでいい。

日々、何かしら「気づいた事」をデータでまとめて、分析し改善すればいい。

 

「合理的配慮」というのは、その自分自身の分析を通して、困難に直面したら

助けてもらうことだと思う。

 

オープンでいい。

ただ、勇気はいる。

 

負けない。

自分に。

 

2018年5月2日 きむ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください