LINEで質問をうけて

今日は雨が降っていましたね。
先日からオンライン学習支援を開始しましたが、それと同時に新中学生の子たちから学校から出された宿題がわからないところがあるようで、質問をLINEで受ける機会が多くなりました。

立体の体積の求め方や日記、読書感想文等、学校によっては違う課題の内容ですが、この時間を有効的に使って学習をしているのだなと感じております。

また、横浜市立学校に通っている子どもたちは、おそらく4月7日の始業式の日にオンライン授業の動画を見ることができるURLと共通ID、学校及びクラスで設定されているID、パスワードが記載されているプリントが配布されていると思います。

ある中学生の子からは、「ログイン後に小学1年生から小学6年生までの内容の授業を見ることができて、振り返りができる!」と喜んでいました。

しかし、学習を進めていく上で、わからないところが出てくるのは仕方ないと思います。

こんなときこそ、友達や家族、そして私たちのような学習支援をしている団体の人に質問をすることは効率的だと思います。

追記:上記のオンライン動画ですが、該当学年のみを視聴する方法に変更があり、それにともないURLも変更となりました。(2020年4月13日午前現在)

自宅にネット環境のない子たちや、ICT機器の使い方が苦手な子のところには、考えることができる感染防止策をして、訪問をしているのが現状です。

もし、まわりに困っている人がいたら、勇気をもって声をかけてみるといいと思います。

それは、マスクが足りなくて困っている人に、余っているマスクをプレゼントをすることも含まれます。

その時は、下記のロゴを使ってくださいね。

使い方は自由です。

「Giving mask project」のロゴです。

もし、マスクを足りない人に渡す取り組みをされている方がいましたら、「Giving mask project」にご参加ください。

その際には、できる限り上記のロゴとともに、写真をお撮りになり、下記のハッシュタグをつけて、SNSに投稿していただけると幸いです。

#マスク配布
#givingmask
#givingmask活動
#givingmaskproject
#助け合う世界へ

助け合う世界をともにつくりましょう。

関連記事はコチラ

フォローをお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください