横浜市鶴見区流域の学習支援・ピアサポート活動の団体|まなひろ

生徒と私の成長を非言語でお互い認め合った日


最近の天気は、変化が激しいもので、

晴れだと思ったら、数時間後、雨が降って、そしてまた晴れる。

 

変化が激しいのは天候だけではなく、生徒の成長も同じように言えると思う。

 

今日、久しぶりに以前からご愛顧いただいている生徒のご家族と

団欒を一緒に過ごした。

 

声がわりをしていたり、

精神的に成長していたり、

立派なオーラを放っていたり、

 

ステキだと率直に感じた。

 

素晴らしい。

 

はじめて会った時は、中学生だったのに。

もうまもなく18歳。

 

たくましく、誠実で、素直で、相談が上手く、

苦手な事を隠さず、超ポジティブでチャレンジしていく癒しの彼。

 

昔、大変だった。かもしれない。

彼が辛かった時、相談された内容を今でも覚えているけれど、

器が大きくなったなぁ。と嬉しく感じた。

 

彼は、天才だ。

素直に努力したプロセスが今の容姿にあらわれている。

 

能動的に、彼がトライした結果、克服したことはたくさんあることが、わかる。

たのもしい。

 

お互い笑顔で感謝し合う仲になったことに、感謝したい。

 

2018年5月23日 本田 裕之

The following two tabs change content below.
「医療・教育」を通して10年以上現場で活動している。個別指導には定評があり、学習とカウンセリングを組合せながら授業をするのが得意。不登校の子や障害をもっている子等、区別せず「人と人が向き合ってお互いを認め合う」教育方針で教育活動を続けている。親御さんから電話を受けカウンセリングを行い、次につなげるスモールステップ方式で成長を長いスパンで見守るのを重視している教育者。

コメントを残す

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.