横浜鶴見領域の発達障害等の方への個別指導・ピアサポート支援の団体|まなひろ

教え子から長崎の贈り物


とても嬉しいこと。

癒し系の教え子くんから、贈り物をいただきました^^

修学旅行で長崎に行ったそうで・・・

 

はやく言ってよ~(笑)

という気分。

 

昔、島原鉄道に乗って加津佐まで行ったり、雲仙普賢岳の噴火跡を見てショックを受けたり、

諫早の海がある壁によって、漁業や農業を営んでいた人達にダメージを与えたり、

子どもの頃の記憶が、残っている土地です。

 

思い出というか、悲しい出来事というか、

孤独というか、定めというか。

 

誰にも気づかれない様に、トイレの壁に何度も何度も頭を自らぶつけて死のうとした祖母の姿を

見てしまい、私は涙を流して外に出ようとした。

その時、祖母が後ろから私を抱きかかえて、大涙を流して、

「生きるんだよ」って。

祖母の顔は、ふるえて悲しい表情だった。

 

「おじいちゃん」と私が呼んでいた人は、実は、本当のおじいちゃんではなかった。

ただ、私が傷つかない様に「おじいちゃん」を演じていたと後で気づいた。

 

長崎。

 

JR九州の「かもめ」に乗って、肥前鹿島から諫早へ行く時、

私は涙を流すと思う。

 

思い出の土地は、もうない。

 

180524キャラメルカステラ2018年5月24日 本田裕之

The following two tabs change content below.
「医療・教育」を通して10年以上現場で活動している。個別指導には定評があり、学習とカウンセリングを組合せながら授業をするのが得意。不登校の子や障害をもっている子等、区別せず「人と人が向き合ってお互いを認め合う」教育方針で教育活動を続けている。親御さんから電話を受けカウンセリングを行い、次につなげるスモールステップ方式で成長を長いスパンで見守るのを重視している教育者。

最新記事 by 木村 裕之 (全て見る)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。