Total English 3年のナナの言動

お世話になります。

横浜川崎でプロの家庭教師をしております木村裕之です。

最近、Total English 3年の教科書で生徒がとても面白い事に気づいたので、

書きたいと思います。

教科書の最初の方に出てくるナナという登場人物。

かなり「自己肯定感」をもって人と接している事がわかります。

生徒は、この「自己肯定感」にはまったのか、

「うん、やっぱり私が正しい!」というナナの言動に面白みを感じています。

人によって、教科書の理解というのは違いますが、

私の生徒は、なぜかこの「自己肯定感」にはまってしまうケースが多いのです。

相手の言動を封じ込めるような力をもつナナというキャラクター。

確かに、面白いです。

生徒と英語のノートづくりをしているときに、英作文を作成するのですが、

やはり、ナナの印象が強く、いつも笑いが絶えません(笑)

教科書に出てくる登場人物を印象深く頭に焼き付ける事って大事ですよね。

ぜひ、皆様も教科書をただ読んでいるだけでなく、

登場人物の性格を意識して読んでみる事をオススメ致します。

フォローをお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください