まなひろ|横浜鶴見区の学習・カウンセリング任意団体

雪を見ていると。


こんにちは。

本田裕之です。

今日の関東は雪景色ですね。

毎年、この時期は、とても切なくなります。

雪の中、家庭教師を朝から夜まで活動していた時のことです。

バスも来ない、電車もない、ただ、必死に歩き続ける。

根岸線の山手駅に着いた時、

「今日は全て運休です」と駅員さんにお話しされて、

トイレの中で過ごしましたね。

あの駅はとても風通しが良く、

吹雪の時、一番暖かいのは「トイレ付近」なのです。

たくさんの人が駅で電車を待っていましたが、

仕方なく、トイレの近くに集まって「さむ~い」と言いながら、

過ごしていました。

 

そんな「寒い」状況の時に、最後に訪問したご家庭から「泊まってください」と

電話があった時、とても嬉しかったです。

私は、その言葉が「暖かった」です。

 

なんでもそうですが、「バランス」は大事だと思っています。

春に種まきをし、芽を出し、夏になり、そして収穫の秋。

それから冬。

 

特に「雪」は、行動を止めてゆっくり見つめなおすきっかけになるので、

私は好きです。

 

季節も会社も組織も国も、なんか春夏秋冬がありますね。

 

見ごたえがある時期です。

今は肥やしを準備する時期なのか、それとも冷静に物事を判断する時期なのか、

人それぞれあると思います。

 

今、私もそのどれかの気持ちでじっと「雪」を見ています。

日本ですね。

2018/1/22 本田裕之

The following two tabs change content below.
「医療・教育」を通して10年以上現場で活動している。個別指導には定評があり、学習とカウンセリングを組合せながら授業をするのが得意。不登校の子や障害をもっている子等、区別せず「人と人が向き合ってお互いを認め合う」教育方針で教育活動を続けている。親御さんから電話を受けカウンセリングを行い、次につなげるスモールステップ方式で成長を長いスパンで見守るのを重視している教育者。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。